iPhone関連情報 iPhone修理のアイプラス河原町オーパ(OPA)店

iphone修理のアイプラス 河原町オーパ(OPA)店

アイプラス 河原町オーパ(OPA)店電話番号

googleマップ

店舗へのアクセス

アイプラス 河原町オーパ(OPA)店電話番号

アイプラス 河原町オーパ(OPA)店メニュー

iPhoneお役立ち情報

一覧

iOS17.3のアップデート内容!アップデートするべき?

2024/02/02

京都市南区吉祥院春日町 京都駅
などでiPhone/Androidスマホのトラブルや故障が起きたら
修理はアイプラス河原町OPA店にお任せ下さい!

 

iOSってなに?

iPhoneには必ず搭載されているiOS。

良く知っている方からなんとなく聞いたことがあるという方、

全く知らないという方まで様々でしょう。

question_head_boy

iOSとはiPhoneのアプリの実行や、

ソフトウェアとハードウェア間のデータのやり取りを制御したりと、

基本的な操作に関わるシステムです。

Android端末にはAndroid OS、パソコンだと、WindowsやMac OSなどの

それぞれ独自のOS(オペレーションシステム)が搭載されています。

 

いつの間にかiOSが更新されている…

となった方も多いと思います。

これは初期設定の時や設定を変更して、自動アップデートをオンにしてしまったため、

充電残量が充分ある時の夜間にアップデートされているからです。

 

iOSはアップデートは無料でできますが、前のiOSに戻す事はできない仕様です。

更新する前にiOSの内容を確認したい方は自動更新の設定をオフにしておきましょう。

自動更新の設定をオフにする方法は

1.「設定」を開き、「一般」を選択

設定画面

2.「ソフトウェア・アップデート」を選択する

一般画面

3.「自動アップデート」を選択する

自動アップデート画面

4.iOSアップデートをオフにする(ダウンロードもオフにしておくと安心です)

自動アップデートOFF画面

これで自動アップデートがオフになります。

アップデートをする場合は手動でアップデートしましょう。

 

Appleの公式サイト(Apple公式サイト)には

「ソフトウェアを常に最新の状態にしておくことは、

Apple 製品を安全にお使いいただくための最も重要な方策の一つです。」

と記載があるため、iOSは最新の状態にしておきましょう。

 

 

iOS17.3の新機能!

1月22日(現地時間)にiOS17.3およびセキュリティアップデートの

配信が開始されました。

 

iOS17.3の主な内容は新機能『盗難デバイスの保護』です。

また、古いiPhoneのOS(iOS 15.8.1、iOS 16.7.5)の

セキュリティアップデートも配信されています。

 

新機能 盗難デバイスの保護


 

iOS17.3にアップデートすると使える機能『盗難デバイスの保護』。

この機能は登録してある自宅や職場、利用頻度の高い場所などから離れた場所で

一部の操作をするときに、Face IDまたはTouch IDによる生体認証が必要になる。

という機能です。

その一部の操作とは

・新しいApple Cardを申し込む

・Apple Cardの仮想カード番号を表示する

・safariに保存されている支払い方法を使う(自動入力)

・ウォレットで特定のApple CardとSavingsの送金などのアクションを実行する

・端末に保存されているパスワードやパスキーを使う

・紛失モードを解除する

・すべてのコンテンツと設定を消去する

です。

ApplePayでの購入はパスコードの入力でできてしまうので注意しましょう。

 

 

この新機能によりiPhoneを盗まれたり、紛失した時にパスコードを知られたとしても、

アカウントやデバイスに致命的な変更を加える事を阻止できます。

 

また、盗難デバイスの保護をオンにした状態で自宅や職場、

利用頻度の高い場所などから離れた場所でApple ID のパスワードの変更といった

一部の設定変更を行おうとした時に、Face IDまたはTouch IDによる生体認証をしたあとに、

1時間のセキュリティ遅延が発生し、その後2 回目の Face ID 認証または Touch ID 認証を

行う必要があります。

一部の設定変更は

・AppleIDのパスワードを変更する

・AppleIDからサインアウトする

・Apple ID アカウントのセキュリティ設定を更新する

・Face IDまたはTouch IDを追加もしくは削除する

・iPhoneのパスコードを変更する

・すべての設定をリセットする

・『探す』をオフにする

・『盗難デバイスの保護』をオフにする

です。

外出先ではあまり設定の更新をする事が無いと思うので、

オンにしていても不便ではないと思います。

 


 

 

『盗難デバイスの保護』は初期設定ではオフになっています。

有効にするにはまずiOS17.3にする必要があります。

そして事前準備としてApple ID で 2ファクタ認証を使用し、

さらに iPhone でデバイスコード、FaceID または TouchID、

「探す」「利用頻度の高い場所」(位置情報サービス) 

を設定または有効化しておく必要があります。

 

その後、設定で『盗難デバイスの保護』をオンにすることができます。

やり方は

1.設定を開き、「FaceID または TouchIDとパスコード」を選択しパスコードを入力する

設定画面

2.「盗難デバイスの保護」をオンにする

FaceID または TouchIDとパスコード画面

これで盗難デバイスの保護が有効になっています。

 

『盗難デバイスの保護』の致命的な欠陥!?

『盗難デバイスの保護』の機能について致命的な欠陥があるという意見も見受けられます。

その致命的な欠陥とは、

初期設定ではiPhoneがよく知っている場所にあるとき、保護機能は無効になる事です。

このよく知っている場所はiPhoneを持ってよく訪れる場所になるので、

予期しない場所で保護機能が無効になってしまうという事態が発生します。

 

iPhoneがどこを利用頻度が高いと考えているかをチェックする事ができます。

調べるには

1.「設定」を開き、「プライバシーとセキュリティ」を選択

設定画面

2.「位置情報サービス」を選択

プライバシーとセキュリティ画面

3.一番下にある「システムサービス」を選択

位置情報サービス画面

4.下までスライドし、「利用頻度の高い場所」を選択

システムサービス画面

すると、利用頻度が高いとiPhoneが記録している場所の数が表示されます。

もし馴染みのない場所で、特別なセキュリティ設定が有効になっていないことがわかったら、

上記の方法で「利用頻度の高い場所」の設定を開き、無効にすればOKです。

この場合、たとえ自宅にいてもセキュリティ設定の変更には

セキュリティ遅延が働くようになるので気を付けましょう。

 

iOS17.3で追加された『盗難デバイスの保護』は、デバイスが盗難されたときや

紛失してしまった時にしか使わない機能です。

日本は海外と比べ盗難にあう可能性は低いですが、

万が一のときに備え、設定しておくと安心です。

 

最後にアップデートするべきかですが、

セキュリティアップデートやバグの修正もiOS17.3の内容なので

出来る限りアップデートは行いましょう。

 

アイプラス河原町OPA店ではiPhoneやAndroidスマホ、

iPad、AppleWatch、NintendoSwitchの修理が可能です!

 

予約をしなくても来店可能!

その日の内に修理し、お返しも可能です!

iPhone、その他デバイスを修理するならアイプラス河原町OPA店にお任せください!

 

電話での来店予約、ご相談は☎:075-748-1441

 

メールでの来店予約、ご相談は★コチラをクリック★

 

ご質問、ご不明点等ございましたらお気軽にご連絡ください!

お見積りやご相談のみでも大歓迎です!

ご連絡お待ちしております。



iphone修理の流れ はじめて修理される方へ
iphone安心無料保証
iphone修理価格一覧表
iPad修理価格一覧表
キャンペーン情報
アイフォン修理全部割
バッテリー診断
ペア割

アイフォン修理facebook割り

アイフォン修理よくある質問

アイプラス スタッフ募集

アイプラス加盟店募集

iphone買取サービス

PAGE TOP