iPhone関連情報 iPhone修理のアイプラス河原町オーパ(OPA)店

iphone修理のアイプラス 河原町オーパ(OPA)店

アイプラス 河原町オーパ(OPA)店電話番号

googleマップ

店舗へのアクセス

アイプラス 河原町オーパ(OPA)店電話番号

アイプラス 河原町オーパ(OPA)店メニュー

iPhoneお役立ち情報

一覧

iPhone12をもっと便利に使える”技”9選をご紹介!

2021/01/28

最新のiPhone12が発売されてから
約3ヶ月ほど経ちましたね!
皆さんはもうゲットされましたか???
筆者はすでにゲットして毎日バリバリ使っております^^
新しいもの好きなのでどんどん最新機種が発売されては買い換える・・・
もう、お金が持ちません。笑
でもやっぱり最新の機種は動作もサクサクですし、
持っていて所有欲が満たされるのでいいですね^^
あっ、申し遅れました。
四条河原町OPAでスマホ修理をしています、
アイプラス四条河原町OPA店です^^
京都でiPhone・スマホの修理屋さん!といえば、
アイプラス!というほど有名だと自負しております!
もしお困りのことがありましたら
下記より詳細を見てくださいね!
↓   ↓   ↓

iphone修理のアイプラス 河原町オーパ(OPA)店

※クリックするとアクセスできます。

 

ではここから本編です!

iPhone12を手に入れたらこの技を知っておくと

超便利に使いこなせる裏技的なことをご紹介!

 

参考元は:モバコレさんです。

アイフォーンやスマホなどの事について

様々な記事を載せておられます。ぜひ、遊びに行ってみてくださいね!

 

1. Face IDの設定

以前のiPhoneには「Touch ID」という指紋認証機能がありましたが、iPhone X以降のホームボタンがない機種には、「Face ID」という顔認証機能が代わりに搭載されています。

ただ、インカメラで持ち主の顔を認識するというだけではなく、立体的にスキャンして捉えるので、精度が高く安全な仕組みです。パスワードなどよりロック解除の手間もかかりません。

スマートフォンは個人情報がたくさん詰まった機械ですから、ぜひ設定しておきましょう。

iPhone 12 Pro Face IDの設定①iPhone 12 Pro Face IDの設定②
【設定】→【Face IDとパスコード】→【Face IDをセットアップ】

設定方法は簡単。顔が枠の中に写るようにしてから、画面の指示に従って首をぐるっと回すだけです。

Face IDには学習機能があり、毎日認証するうちに容姿を学習していくので、使えば使うほど設定直後よりもさらに賢くなっていきます。

 

2. マスクでFace IDを使うための裏技

Face IDはとても便利な機能ですが、感染症対策で外ではマスクを着けている人が多い昨今、悩みの種でもあります。

「マスクを着けた状態でFace IDに登録する」ということはできそうで出来ません。鼻から下が隠れた状態では正確に見分けにくいため、登録できないようになっています。

それでも、一々パスコードを入れてロック解除するのは面倒だという人向けに、公式ではありませんがマスクでFace IDを使うための裏技があります。

iPhone 12 Pro マスクでFace IDを使うための裏技①iPhone 12 Pro マスクでFace IDを使うための裏技②
左右半分ずつマスクを着けて
顔を2つ登録するとうまく使えるようになります

登録方法自体は前の項目と同じなので省略しますが、まず左右どちらかの半分だけをマスクで覆ってFace IDに登録します(全部覆うと登録できませんが、半分なら登録できます)。

次に、「もう一つの容姿をセットアップ」という設定項目から、2つ目の顔情報を登録できるのですが、ここで今度は反対側をマスクで覆って登録しておくと、マスクを着けても外しても認証できるFace IDが完成します。

便利な裏技ですが、本来想定されている使い方ではないので、どうしても使うという場合は要注意。目元から上が似ている人でも解除できてしまう可能性があります。


3. iPhoneの名前を変更する
iPhone 12 Pro iPhoneの名前を変更する①iPhone 12 Pro iPhoneの名前を変更する②
【設定】→【一般】→【情報】から名前を変更できる

あまり気にしていない人も多いのですが、iPhoneには「名前」を付けられます。初期状態では、Apple IDからユーザーの名前を読み取って「○○のiPhone」という名前が自動で付けられています。

そのままでも構いませんが、この「iPhoneの名前」はテザリングやAirDropなどの機能で周囲に公開される場面も多いので、誰に見られても良いけれど自分のiPhoneだと分かるようなものに変えておいた方が無難です。

4. バッテリーを100%使えるようにする

iOS 13以降のiPhoneは、初期状態のままでは実はバッテリーの性能をフルに使っていません。

「バッテリー充電の最適化」という機能があり、何年も長く使って充放電を繰り返しても劣化しにくいよう、就寝時などの使わない時間帯を学習し、状況によっては80%程度で充電を止めるようになっています。

iPhone 12 Pro バッテリーを100%使えるようにする③
【設定】→
iPhone 12 Pro バッテリーを100%使えるようにする④
【バッテリー】→
iPhone 12 Pro バッテリーを100%使えるようにする⑤
【バッテリーの状態】から
「バッテリー充電の最適化」をオフに

親切な機能ですが、充電サイクルが一定ではない人など、使いたい時に100%になっていなくて不便ということも起きがちです。設定を解除すれば、常時100%まで充電できるようになります。


5. ダークモードを使う

iPhoneの画面は白を基調とした配色になっていますが、「ダークモード」という機能を使うと黒ベースの配色に切り替わります。

iPhone 12 Pro ダークモードを使う①iPhone 12 Pro ダークモードを使う②
【設定】→【画面表示と明るさ】でライトモード・ダークモードを選べる

見た目の好みで変えても良いですし、暗い場所で画面を見やすくなったり、iPhone 12 Proなどの有機EL端末では白よりも黒の方が消費電力を抑えて電池もちを良くできたりとメリットがあります。

6. ディスプレイの「True Tone」設定

iPhoneのディスプレイには「True Tone」という機能があり、環境光、つまり日差しや部屋の明かりに合わせて画面を最適な色味に変えています。

光の状況を問わず肉眼での見た目を自動で一定に保つための機能ですが、人によっては白い画面が黄色がかって見えるなどの違和感を覚えたり、写真や動画の編集をする際に正しい色味を確認しにくかったりと、かえって邪魔になってしまう場合もあります。

True Toneが不要な場面では、以下の手順でオフにできます。

iPhone 12 Pro ディスプレイの「True Tone」設定①iPhone 12 Pro ディスプレイの「True Tone」設定②
【設定】→【画面表示と明るさ】から「True Tone」をオフに
7. 片手用キーボードを使う

iPhone 12 Proの画面サイズは6.1インチ。iPhone 11 ProやiPhone XSの5.8インチから一回り大きくなりました。本体サイズは変わらないものの、角張った形状に変わったということもあり、片手で操作しにくくなったように感じるかもしれません。

iPhone 12 Pro 片手用キーボードを使う①iPhone 12 Pro 片手用キーボードを使う②
片手用キーボード

そこで、大画面の機種で便利な「片手用キーボード」という機能があります。この設定をすると左右どちらかにキーボードを寄せることができ、片手操作でも指が届きやすくなります。

iPhone 12 Pro 片手用キーボードを使う③
【設定】→【一般】→
iPhone 12 Pro 片手用キーボードを使う④
【キーボード】→
iPhone 12 Pro 片手用キーボードを使う⑤
【片手用キーボード】

8. Appライブラリの使い方

iPhone 12 Proに搭載されているiOS 14では、これまでのiOSとはホーム画面の考え方が少し変わりました。

iPhone 12 Pro Appライブラリの使い方
Appライブラリ

iOSではこれまで、インストールしたすべてのアプリのアイコンがホーム画面に並ぶのが普通でした。iOS 14からはホームの一番右に「Appライブラリ」というページが追加され、ここにフォルダ分けされてアプリが並びます。

Appライブラリは、Androidで言うところの「ドロワー」のようなものです。「アンインストールはしたくないけどホーム画面では見せたくない」というアプリがあったら、ホーム画面のアイコンは消してAppライブラリにだけ収納しておくことができます。使用頻度の低いアプリをホーム画面からだけ消して整理しやすくなりました。


9. ウィジェットの使い方

iOS 14のホーム画面にはもう1つ変わったところがあります。これもAndroidのホーム画面に近いのですが、アプリアイコンのほかに「ウィジェット」というものを配置できるようになりました。

iPhone 12 Pro ウィジェットの使い方①iPhone 12 Pro ウィジェットの使い方②
ウィジェット

ウィジェットとは、アプリを起動しなくてもホーム画面のままちょっとした情報を確認できる小窓です。たとえば天気を見たり、メモを確認したりできます。

これから各アプリのiOS 14への対応が進んでいけば、標準搭載されているウィジェット以外にも便利なものが増えていくでしょう。

まとめ

iPhone 12 Proを購入したらまずやっておきたい設定、使いこなし術を9つご紹介しました。

他のiPhone 12シリーズを買った人、あるいはお持ちのiPhoneをiOS 14にアップデートした人も試せる内容を含んでいるので、ぜひチェックしてみてください。

 

 

iphone修理の流れ はじめて修理される方へ
iphone安心無料保証
iphone修理価格一覧表
iPad修理価格一覧表
キャンペーン情報
アイフォン修理全部割
バッテリー診断
ペア割

アイフォン修理facebook割り

アイフォン修理よくある質問

アイプラス スタッフ募集

アイプラス加盟店募集

iphone買取サービス

PAGE TOP